デザイナーズマンションとはいったいどんな物件?

そもそも「デザイナーズマンション」とは、いったいどういった物件のことを指すフレーズなのか見聞きしたことはありますでしょうか? 実は、はっきりとした定義は今日でも存在しないのです。

ひとつの例としてウィキペディアでは、「建築家のコンセプトが前面に表れた集合住宅(マンション)」と定められています。

しかし、どういうマンションにもそれを設計した人、わかりやすく言うと建築家やデザイナーと言える人が存在するでしょうし、ある程度のコンセプトはあるはず。

それとデザイナーズマンションの違いがわからないという人も多いでしょう。具体的にいうと、何をもって「デザイナーズ」と呼んでいるのでしょうか。

重要なのはコンセプト
一括りにしてコンセプトといっても、内容はさまざま。

「ファミリー向け」や「高齢者が住みやすい家」、または「ローコストで建てられる」など、はっきりとしたコンセプトも多いですが、デザイナーズマンションの場合、具体的ではない感じの言葉で表現されることもかなりあります。

建築雑誌などで設計の意図やコンセプトが紹介されたりもしますが、閲覧してもよくわからなかった、そんな人もいらっしゃることでしょう。

さらに、インテリアは当然の事外観、周辺の環境との関係性など、ありとあらゆる要素がひとつのコンセプトのもとに設計されていることが多いのも、特殊性のひとつだといえるでしょう。

コンセプトが秀でており、しかもそれがきちんと実現されていると、グッドデザイン賞を代表とする建築・デザインの賞を受賞することもあります。

また、建築家の個性や考えが全面に出現していて、初見で見ただけで誰が設計したかわかるといった感じの物件も多いです。

ただし、これらは一般論であって、デザイナーズマンションと言われている物件すべてに相当するわけではありません。

どこにでもあるようなマンションよりもちょっと内装がおしゃれなだけで、デザイナーズマンションにカテゴリー化されることもあります。

ポータルサイト等でデザイナーズマンション 大阪、あるいはデザイナーズマンション 名古屋などのキーワードで探すときは、どんな風な定義で区分けしているのかをチェックしましょう。

とりわけ賃貸のデザイナーズ物件をお探しの方は、「デザイナーズ」と標榜しているのに、家賃が相場より安めに設定されている場合は気を付ける必要があります。

ありきたりな物件に、ほんの少し凝ったインテリアリノベーションをしただけ、というものもあるからです。家賃が安いことは正直言って魅惑的ですが、安い理由をきちんと探りましょう。